免許取得の要件は主に三つのカテゴリーに分けられます:人的要件、場所的要件、経営基礎要件。以下に、これらの要件を簡潔に説明します。

人的要件

人的要件は、免許を申請する人の資格に関する要件です。以下のような条件が含まれます:

過去の免許取消歴: 酒類製造免許や販売業免許の取消処分を過去に受けていないこと。
税金滞納の有無: 過去2年間に国税や地方税の滞納処分を受けていないこと。
法律違反の履歴: 国税や地方税に関する法令違反、未成年者飲酒禁止法や風俗営業法などの違反で罰金刑を受けた場合、その執行終了または免除された日から3年経過していること。
刑事罰の履歴: 禁錮以上の刑に処せられた場合、その執行終了または免除された日から3年経過していること。

場所的要件

場所的要件は、酒類販売を行う場所に関する要件です。以下の点が重要です:

販売場所の独立性: 申請する販売場所が酒類の製造場、販売場、酒場、旅館、料理店等とは異なる場所であること。
営業の区別: 販売場所の区画割り、専属の販売従業者の配置、代金決済の独立性などが明確であること。
通販や卸売免許の場合: 申請販売場(事務所)が必要で、広さの要件は特にない。ただし、バーチャルオフィスや賃貸契約の条件によっては追加の証明が必要になる場合がある。

経営基礎要件

経営基礎要件は、申請者の財務状況や経営経験に関する要件です。主なポイントは以下の通り:

税金滞納の有無: 国税や地方税を滞納していないこと。
財務状態: 最終事業年度の貸借対照表において、債務超過の状態でないこと。また、過去3事業年度で資本額の20%を超える欠損がないこと。
経営経験: 酒類の製造業や販売業、調味食品等の販売業に3年以上直接従事した経験があること。経験がない場合は、「酒類販売管理研修」の受講が必要。

酒類販売管理研修

酒類販売管理研修は、申請者が酒類販売に関する適切な知識を持っていることを確認するための約4時間の研修です。国税庁や国税局が指定する研修実施団体で受講する必要があり、受講前の事前申込みが必要です。

その他の要件

酒類の需給均衡の保持や、販売先の特定に関する要件もあります。例えば、酒類を取り扱う接客業者(酒場、旅館、料理店等)はこの免許の対象外です。

これらの要件を満たすことは、酒類販売業免許を取得するための重要なステップです。申請者はこれらの各項目を慎重に確認し、必要な条件を満たしていることを確実にする必要があります。

酒類販売業免許の申請に際して、申請者の持つべき経歴や資格、さらには免許の種類に応じた特定の要件について説明

これらの情報は、免許取得の過程で非常に重要です。

免許別の特定要件

  1. 一般酒類小売業免許: 申請者は、酒類の製造業または販売業、調味食品等の販売業に3年以上直接従事している必要があります。経験がない場合は、酒類販売管理研修の受講と、酒類の商品管理や税法上の義務履行に関する知識が求められます。
  2. 通信販売酒類小売業免許: 通信販売の経験や、適切な酒類販売に必要な知識、経営能力、販売能力を持っていることが求められます。
  3. 洋酒卸売業免許、自己商標酒類卸売業免許、店頭販売酒類卸売業免許: 上記と同様の経験要件があります。
  4. 全酒類卸売業免許、ビール卸売業免許: 酒類の製造業または販売業に10年以上(経営者の場合は5年)直接従事していることが要求されます。
  5. 輸出酒類卸売業免許、輸入酒類卸売業免許: 明確な基準はありませんが、経営、貿易、酒類販売の経験が審査を通過しやすくするでしょう。

酒類販売管理研修

  • 約4時間の酒類販売管理研修は、申請者が酒類販売に関する適切な知識を持っていることを確認するために必要です。
  • 受講申込みは、指定された研修実施団体を通じて行われ、事前申込みが必須です。

需要調整要件

  • 通信販売酒類小売業免許を取得する場合、国産酒の扱いには特に注意が必要です。
  • 国産酒を取り扱う場合、年間生産量が3,000㎘未満でなければなりません。
  • 例として、アサヒ、キリン、サントリーなどの大手ブランドの商品は年間製造量が3,000㎘を超えるため、通信販売では取り扱えません(ただし、一般小売業免許では取り扱い可能です)。
  • 地ビールや小規模ブリュワリーのような生産量の少ない国産酒のみが通信販売での取り扱い対象となります。
  • 生産者からの証明書(年間3,000㎘未満であることの証明)が必要で、生産者との関係がない場合、国産酒の通信販売は困難になる可能性があります(卸業者を通じて入手できる場合は別です)。

輸入酒の取り扱い

  • 輸入酒には上記のような制限は適用されません。そのため、輸入酒は通信販売で自由に取り扱えます。

ECサイトでの販売について

  • Amazonや楽天市場などのECサイトで酒類を販売する際は、上記の点を特に留意する必要があります。

この情報は、通信販売酒類小売業免許を取得し、ECサイトを通じて酒類を販売しようと考える事業者にとって非常に重要です。国産酒と輸入酒の取り扱いには明確な違いがあるため、これらの要件を理解し遵守することが必要です。

申請上のポイント

最後に、酒類販売業免許を申請する際の重要なポイントについて説明です。

申請書の提出と事前相談

  1. 申請書の提出: 開業予定地を管轄する税務署に申請書を提出します。提出場所と相談場所が異なる場合があるため、事前に確認が必要です。
  2. 事前相談の重要性: 酒税官のいる税務署で事前相談を行うことが推奨されます。事前相談をしないと、申請書の不備や添付書類の漏れが指摘されることが多いです。相談によって、必要な書類や書き方の指南を受けることができます。

賃貸物件に関する注意

  • 賃貸物件で酒類販売業を行う場合、物件所有者の承諾が必要です。賃貸借契約書に「酒販販売業」と記載がない場合、承諾書が求められます。

手数料と審査期間

  1. 手数料: 一般酒類小売業免許や通信販売酒類小売業免許の申請には、1申請につき30,000円の登録免許税がかかります。複数の免許を1申請で申請すると節約になります。
  2. 審査期間: 審査期間は提出からおおむね2か月です。この間、書類の訂正や追加書類が求められることがあります。

行政書士への相談

  • 自分で申請するのが難しい場合、行政書士に相談することもできます。料金は100,000〜150,000円程度で、業務品質や経験にはバラつきがあります。

最終的な注意点

  • 要件を満たしていることが最も重要です。特に、個人開業の場合は資金面も重要となります。書類の書き方で困る場合は、酒販免許専門の行政書士に相談することが推奨されます。

これらのポイントを押さえ、申請プロセスを慎重に進めることが、酒類販売業免許取得の成功につながります。

Follow me!